ベロ: 2008年4月アーカイブ

chumbyという情報端末がUSで発売され、日本でもブログ等で少し話題になっています。chumbyというのは、無線LANが内蔵されている目覚まし時計的な据え置きの端末で、Flashで作成されたウィジェットを利用することにより、YouTube等動画が見れたり、ニュースやブログのRSSフィードを取得して見ることができたり、ゲームができたり、iPod等と連携して音楽が聴けたりと様々なことが可能な情報端末です。

またウィジェット自体自由に作成可能でもあるようで、chumbyのウェブサイトでは様々なウィジェットがアップロードされ登録されています。

「virtual chumby」という機能もあり、実際の動作をウェブブラウザで見ることもできます。

日本では携帯電話が情報端末としても非常に進化しているので、このような情報端末がどこまで浸透するのかなんとも言えませんが、このように分かりやすくかつオープンな端末(Chumby社はChumbyのソフトウェアやハードウェアの仕様を「Chumby License」によって公開し、ユーザーが自身でウィジェットを作ったり、OSやハードウエアを改変して利用することも推奨している)といったようなというのは「アリ」だなと思います。

chumby - Google 検索

先日電通から「日本の広告費」が発表されたことは記憶に新しいですが、3月25日、USの調査会社「TNS Media Intelligence」から、2007年のUSの広告費が発表されていました。

2007年のUSの広告費は、$148,993.5 million(約15兆円)となっています。
USの場合は日本と違い様々な調査会社が広告費を発表しており、会社によって大きく数値が異なっているので一概に数値をどうこう言うのは難しいのですが・・・

インターネット広告費の成長率を見ると、前年比115.9%となっており、日本の前年比124.4%と比べると若干低い数値となっています。