ベロ: 2008年1月アーカイブ

Yahoo! JAPANのIDがOpenIDに対応しました。

OpenIDは、サイトを越えて使用できる「認証システム」で、OpenIDに対応しているサイトならば、どのサイトでも、ひとつのIDでログインできる仕組みです。この「業界人間ベム」も含め、最近では、OpenIDに対応しているブログも増えてきました。

今までもYahoo! JAPANのIDを使ってログイン可能なサイトはいくつかありましたが、公式にOpenIDに対応することによって、OpenIDに対応しているサイトならどのサイトでもYahoo! JAPANのIDを使ってログインすることができます。

世の中様々なサービスがありますが、IDやPasswordの管理というのは結構面倒で、同じIDが取得できれば問題ないのですが、そういうわけにもいきません。新しいサービスが出ても、IDを取得するということが面倒で、登録を躊躇することもちらほらありました。

これまでもLivedoorがOpenIDに対応していたり、OpenIDの公式サイトでももちろんOpenIDを発行することができたのですが、まだまだ利用している人は少ないのかなというのが実感で、これによってOpenIDの利用者が増えると良いなと思います。

また、個人でちょっとしたネットサービスを作る際にも、OpenIDに対応すれば、Yahoo! JAPANのIDを持っているユーザーも利用可能になるとともに、IDやPasswordの管理といったセキュリティへの対応が少し楽になります。ユーザーからしてみても新たに個人情報を入力して登録するという面倒な作業がなくなり、両者ともに利便性が高まります。

そんなわけで、OpenIDというのが今後のネットメディアの広がりにとって結構大きなポイントになるのではないかと考えていて、特に新たに立ち上がるネットサービスの場合、OpenIDに対応しているかどうか、個人的にかなり注目して見ている今日この頃です。


追記
公式ページに書かれてますが、「OpenID2.0の仕様に対応したサイトにしかログインできません」とあるように、OpenID1.0仕様のサイトにはログインできないようです。

アドサーバですが、インターネット広告を配信・表示しているサーバと思っている方が多いかもしれませんが、実はそうではありません。もちろん単純に広告を配信しているだけのサーバもあるかもしれませんが、アドサーバがアドサーバたる理由はもっと別のところにあります。

アドサーバとは、すなわち広告の配信を管理・コントロールしているサーバです。

最近動画サイトといえば、ニコニコ動画があまりにも有名ですが、その他にも2008年話題になりそうな動画サイトはいろいろあります。

まずは、youku (http://www.youku.com/)という動画投稿サイト。
サイトを見てわかるとおり中国の動画投稿サイトです。先日も1日の動画視聴数が1億回を突破したことでも話題になりました。GoogleがYouTubeを買収したときのYouTubeの1日の動画視聴数が約1億回だったことを考えると、そのすごさがわかります。
ただ課題があるとすれば、著作権侵害していると思われる動画が多数あること。さすがにアダルト動画はありませんが、日本からのドラマ、アニメ、映画なども多数公開されてしまっていることです。このあたりの対応について今後気になるところです。

次に、zoome (http://www.zoome.jp/)
アッカネットワークスが提供している動画サイトです。単純に動画投稿サイトというよりは、よりSNS的なコミュニティに近いサービスとなっています。意外と提供開始は古く2007年1月30日と約1年前から提供開始をしています。
こちらを注目している理由としては、他の投稿動画サイトと同じようにFlashを利用している点は一緒ですが、その中でもFlash9で採用された「H.264」の動画圧縮規格にいち早く対応したこと。「H.264」とは、ワンセグやBlu-ray Disc、HD DVDにも採用されている規格で、小さな容量でより高画質が見込めます。そのためzoomeは、他の動画投稿サイトよりも高画質な動画を見ることが可能となっています。これまで動画投稿サイトで最も高画質といわれていたDivXのStage6に十分匹敵する画質となっています。

そんなわけで、2008年まだまだ動画サイトからは目が離せない年になりそうです。

*上記の内容は、ベロ個人的な視点であり、著作権侵害を促す内容ではありません。

ベムさんが、アドサーバについて触れていましたが、僕のほうでも改めてアドサーバの話でも。

アドサーバとは、もちろん広告を配信するためのサーバのこと。インターネット広告のビジネスをする上で最も基本的なテクノロジーです。ですが、意外と業界でアドサーバについて触れられることは少なく、行動ターゲティングや動画について話をしてよと言われることはあっても、アドサーバについて話をしてよと言われることはめったにありません。

決して表に出る技術でないだけに、陰に隠れがちなのは仕方ないですが、行動ターゲティングや動画、そしてアドネットワーク、アドマーケットプレイスにしても、アドサーバはその中でも最も中核のテクノロジーとなってきます。そしてそのアドサーバは様々な機能のもと成り立っています。

そのようなわけで、アドサーバについて勝手に触れていきます。

特に新しくネットメディアを立ち上げて、広告ビジネスをおこなおうとする方々にはぜひアドサーバのことを知ってもらって、良いアドサーバを利用してもらいたいところです。

さて、アドサーバの基本的な情報については割愛して・・・
基本的な情報については、横山隆治氏がまとめたこの内容が参考になると思います。

基本的な機能としては上記のような感じですが、インターネット広告が登場して10年以上が経ち、アドサーバというものも着実に進化しています。

続く

このような業界にいる以上、日々の情報収集というのは仕事・プライベートに関わらず非常に大きな要素となっています。

情報収集の仕方というのも、細かく見ていくと人によって結構違うもので、ここではベロの場合を紹介します。他の方々は日々どのように情報収集しているのか気にもなるので、このように情報収集しているよ、こうするともっと効率良いよ。というのがありましたら、ぜひ教えてもらえると嬉しいです。

Marketing Charts」というUSのサイトがあります。

マーケティングに関する様々なデータがチャート化されて公開されているだけでなく、いくつかのデータはExcelフォーマットで無料ダウンロードできる、データ好きにはたまらないサイトです。日本にはこのように様々なデータを取りまとめて公開しているようなサイトはなかなかなく、こういった点ひとつ取ってもUSは進んでいるなあとつくづく実感します。

さてその「Marketing Charts」でのデータですが、2007年のUSにおけるオンラインメディア等IT企業へのM&Aの取引高は過去最高の1100億ドル(79%増)に達したようです。
さらに、IT企業の中でも「Database Information Service」、「Education & Profissional Service」、「Consumer Magazine」へのM&A取引高は非常に大きく増加しています。

これが何を示すのか一概には言えませんが、これらのデータを読み解くことによって、2008年の業界動向を予測する上でのヒントになるのかもしれません。

思えば、2007年はGoogleのDoubleClick買収、MicrosoftのaQuantive買収、Yahoo!のRight media買収など、業界を賑わす様々なニュースがありました。2008年は何が起こっていくのか、さらにその先を見据えていくためには、様々な情報に目を光らせておく必要がありそうです。

2007年は、非常にニコニコ動画が話題になった年でした。

さて、そのニコニコ動画に、時報なるものがあるのをご存知でしょうか?
1日のうち19時、0時、2時に動画がストップし、動画の上の枠で時報が流れるというものです。その時報を使った広告というのも登場してきて話題になっています。

年末年始のニコニコ動画ですが、2007年12月31日23:55頃から2008年1月1日00:02までのわずか数分間休業するというニコニコ動画らしい告知がされていました。ただ様々な話題を振りまくニコニコ動画だけに、何もしないで休業はないだろう、この間いったい何をするんだろうと思っていたところ、見事このような時報が出てきて、「やられた!」と思いました。

休業時間を丸々使った超大作時報です。

ニコニコ動画をあまり知らない人も、これまでのニコニコ動画の歴史がわかる非常にセンスの良い時報となっていますので、ぜひ一度見てみるといいかと思います。

ちなみに、2007年だけでサーバ費用が19億円とのことです。

3人の業界人間の中では、一番若い。
明るい性格でいやみもなく、何にでも興味を示し、新しいメディアや仕組みにも分け隔てなく接する、非常に情報感度が高い性格。
また、楽観的で、落ち込んでも決して後に尾を引かない。
ベムの教えを忠実に守り、新しいトレンドに対して、自らの身を省みず立ち向かう勇気の持ち主。