ベム: 2008年4月アーカイブ

 交通広告の到達力は、まずは乗降客数をサーキュレーションとしてカウントする考え方がある。いちおう接触することが可能な人数だから、もちろん確実な接触者数ということではない。

 そのサーキュレーションだが、一日の平均輸送人員は、JR首都圏全線が、23,790千人、
JR3線(山手、中央、京浜)で、21,207千人、東京メトロが7,352千人、私鉄(城南3線)が6,095千人だ。
 関西圏では、JR大阪が、5,609千人、大阪地下鉄2,280千人、阪急1,740千人。中京圏で、JR東海606千人、名古屋地下鉄1,119千人という具合だ。


 交通広告の到達データに関しては、基本的に広告会社各社はビデオリサーチ社のSOTOを使うか、これをカスタマイズして使用していると思う。
 これには、いくつかの基本指標がある。

 日本の広告費における交通・屋外広告は、マス広告が3年連続で前年割れをしているなかにあって、交通広告が2006年で前年比103.1%、2007年が102.0%、屋外広告が2006年で前年比103.7%、2007年が102.4%と比較的堅調な伸びを示している。

 交通広告と屋外広告を合わせると、広告費全体に対してのシェアは9.5%と、テレビ、新聞に次ぐことになる。(ネットよりまだ大きい。)

 交通広告は、生活導線で必ず接するメディアであり、移動中の生活者と店頭(販売時点)を繋ぐ接点といえる。
 例えば、下記は独身OLの平日の生活行動と体験接点である。

 日本版の製作発表もあってご存知の方も多いだろうが、元ディズニーのCEOマイケル・アイズナーがオンライン通信向けに映像コンテンツ制作スタジオ「VUGURU」を設立し、第一弾プロジェクトとして製作したのが「Prom Queen」だ。
 
 プロムとはアメリカの高校生にとっての一大イベントである卒業記念パーティで、ここでプロムクイーンに選ばれることは女学生の最大の名誉。これを舞台にして様々なキャラクターな登場する。
 アイズナーはこのコンテンツをネット専用として製作し、コカコーラのプロダクトプレイスメントなどを導入し、マイスペースなどで展開した。この90秒×80話というスタイルは、ある意味非常に新しい。1編1編はむしろ短時間であることが、ネット社会でのザッピング型の視聴スタイルにはまりつつ、ユーザーの自己関与性つまり「のめりこみ」を誘発する仕組みになっていると思う。

 次世代のマーケティングコミュニケーションを開発していくために、従来の広告会社にはなかった機能やスキルをとり込んで機能再編をかける必要がある。
 そのひとつの視点に、従来コンサルティングファームがやっていたコンサル技術がある。企業はWebマーケティングを盛んに採用し始めたが、企業の組織編成そのものはまだ従来のマスマーケティングを前提にしたもののままである。宣伝や販促はそれぞれ部分最適を追及する訳で、スルー・ザ・ライン、全体最適に対応しているのもではない。
 先日の、レックス・ブリッグス氏の講演でも、企業がマーケティングROIを管理することが大切であると強調していた。マーケティングROIは、何をもってROIとするかという指標の設定と測定、そしてそれを管理、最適化していくための企業側の体制が重要である。測定は今の時代いくらでもできる。だが、ROIを測定するだけでは、何にもならない。「体温計だけでは病気は治らない。」というように、測定して、それに対処する仕組みが企業に必要なわけで、そうした仕組みづくりを提案するコンサル領域のスキルが重要になってきた。
 広告コンテンツ開発というアウトプット力を持った我々と、企業の組織体制のコンサル力をもった人たちとの協業が新たな価値を生む時代になったと思う。

 最近のソネットのテレビスポットは「光回線をテレビに繋いでアクトビラからオンディマンド放送を楽しもう。」という趣旨になっている。
 先日このブログでもNHKオンデマンドを取り上げたが、サイバーエージェントがアクトビラと提携し、芸能人のブログをテレビで閲覧できるようになった。(文字が小さくてちょっと読みにくいけど)

 現状の「アクトビラ」そのものは、「とりあえず始めました。」といった風情で、充実してるとは全く云いがたいが、これこそ単に入り口なので、これからいろんなサービスがここに集まってくると思われる。

 いろんなサービスとなると、その操作性いおいて今のリモコンではストレスがある。選択肢をひとつひとつ順番に送っていって決定しなければならないからだ。その点Wiiのコントローラーはテレビに接続しつつマウスなみのポインティングディバイスになっている。アクトビラがもっとにぎわうには、テレビリモコンの本格的なポインティングディバイス化が必要だと思う。

 今年の1月IABから動画広告に関するレポート「デジタル動画広告の概観」が発表されている。ある意味初めていろいろある動画広告フォーマットを体系化して、レギュレーションを整理したたいへん参考になる資料だ。
 
体系的に整理すると、インストリーム広告、インバナー広告、インテキスト広告に大別され、インストリーム広告もリニア動画広告とノンリニア動画広告に分けている。

http://www.iab.net/insights_research/iab_news_article/157448