テレビCMとデジタル動画広告の受容性

 テレビCMは長年かけて広告として許容されてきた。視聴者はCMを受け入れている。番組とCMのアテンションデータを見ても、CMは落ちるものの、総じて注視度合いに決定的な差はない。

 一方、デジタル動画広告はどうだろうか。
 
 習慣的にスキップする人をかなり多い。

 ネイティブ広告が提唱されるということは裏を返せば、エイリアン広告である要素がまだまだ拭えないからだろう。

 以前、スマホへの動画広告市場は、成長はするが、いったん踊り場が来てから2段ロケット噴射になるだろうと書いた。

 それにはスマホにユーザーの受容性の高い枠や広告フォーマットの登場が条件となる。

 そうなるとやはりコンテンツとの親和性や、コンテンツの番組化そのものへの新たな取り組みが必要だろう。
当然、ネイティブ広告の正確な理解と取り組みは必須だと思う。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: テレビCMとデジタル動画広告の受容性

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/3427

コメントする

ブログ記事 アーカイブ