米国エージェンシーランキング この10年の変化

アドエイジ誌のエージェンシーランキング 2002年のランキングと2012年を比較してみる。

rank20022012.gif

少々文字が小さくて申し訳ないですが・・・。


この10年のランキングが激変なのが分かるだろう。
2002年は、広告業界の人間にとっては、お馴染みの顔ぶれが並んでいる。

しかし、2012年のそれは、業界人も聞いたことがないところばかりではないだろうか。

EpsillnやAcxiomはもともと広告業界の会社ではない。データマネージメント側からマーケティングサービスを行う企業がエージェンシーランキングに入っていてしかもトップ1、2なのである。
これには賛否があるかもしてないが、ここはアドエイジ誌の見識なのだと思う。

これを見ると、1位、2位、4位、6位、8位、9位、11位、12位、15位、17位、18位はデジタル系エージェンシーである。
また、10位、14位、19位は、PR系だが、SNS時代のPRなのでソーシャル系エージェンシーとでも云える。

2002年の15位までランキングに入っていたGreyやDDB、Ogilvy&Matherなどは2012年ランキングでは20位にも入ってこない。
これを日本のエージェンシーランキングと比較してみると、激変している感がある。

さて、ランキングもさることながら従来勢力のこの10年のグロスインカムの伸びに注目すると、JWTは89.1%、Leo Birnettが124.3%、MaCann Ericksonが142.3%、BBDOが215.5%、など決してシュリンクしたり、伸び悩んでいるトラディショナルエージェンシーばかりではないが、それをはるかに上回る勢いのデジタル系、データマネージメント系エージェンシーの台頭が著しいというのが印象である。

さて、日本の広告業界の次の10年はどうなるのだろうか。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米国エージェンシーランキング この10年の変化

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/3324

コメントする

ブログ記事 アーカイブ