2012年をちょっと振り返ると・・・

デジタルマーケティングの2012年をちょっと振り返ると・・・

 今年2012年、DSPはかなり普及したが、まだまだ「DSP=リタゲ」というレベルに留まっているということと、リタゲの精度がまだ低いことで課題を残した感がある。

 RTBの本当の効用を得るのはこれからだ。

 また、「アトリビューション」はバズワードとしてはかなり浸透したが、実践にもまだほど遠い。第三者配信サーバーでコンバージョンパスデータを取得するのはいいが、そもそもリ・アロケーションするために必須の入札コストデータなどを捕捉しておかないと意味がない。こうした整備がされ始めるのはやはり来年2013年からだろう。

 当然、マス広告を含めた「トータル・アトリビューション」も今年認識はされ始めたが、実行に着手できるのは来年からとなりそうだ。デジタルのマーケティング装置を使って、ネットだけでなく、マーケティング施策全体の最適化を目指す流れは始まりつつあると言っていい。

 そういう意味では、もろもろ本格的な動きは2013年に持ち越した。

米国IABでも、今年e-GRPの基準策定が検討されていたが、しっかりした合意形成に至らなかったようだ。動画が、DSP展開とスマホへの拡大で、来年大きく動く可能性が高い。クリックで評価する意味があまりないこうした動画配信については、新たな指標を要する。

 さて、恒例の年初の業界予測を書く準備に入ろうと思う。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2012年をちょっと振り返ると・・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/3269

コメントする

ブログ記事 アーカイブ