アドテック東京にて

先日の第3回アドテック東京の公式セッション36の中で、私がモデレータをさせていただいたセッションが、参加者アンケートで人気&満足度NO.1になりました。スピーカーの皆さま、関係者のみなさま、セッションのご参加のみなさまのおかげです。有難うございました。

《人気&満足度ベスト5セッション》

第1位:
タイトル:「オーディエンス・ターゲティングとリアルタイム化が消費者と広告主に与えるモノは」

モデレーター:横山氏(デジタルインテリジェンス)
スピーカー: 清野氏(PlatformID)、岡本氏(リクルート)
    本田氏(フリークアウト)、近藤氏(Google Japan)、西谷氏(comScore Japan)

第2位:
タイトル:「デジタル・マーケティングが可能にするブランドエンゲージメントとは」

モデレーター:稲田氏(博報堂)
スピーカー: 猪子氏(チームラボ)、柳澤氏(カヤック)、
        朴氏(バスキュール)、喜馬氏(トヨタマーケティングジャパン)

第3位:
タイトル:「ダイレクトマーケティングが向かう場所~最も厳しい市場で戦うために~」

モデレーター:浮田氏(博報堂)
スピーカー: 鈴木氏(味の素)、田岡氏(JIMOS)、
        加藤氏(売れるネット広告)、岡本氏(サイバーエージェント)

第4位:
タイトル:「アドネットワークとアドエクスチェンジは本当にオンライン広告の価値を高めるか?」

モデレーター:徳久氏(プラットフォーム・ワン)
スピーカー: 佐々木氏(Google Japan)、佐藤氏(セプテーニ)、
       渡辺氏(マイクロアド)、島貫氏(オ-ネット)、味澤氏(日本マイクロソフト)

第5位:
タイトル:「デジタルテクノロジーxエンゲージメント(ARがもたらす新しいブランドビジネスとユーザーエンゲージメント)」

モデレーター:中村氏(PARTY)
スピーカー: 馬場氏(バスキュール)、小田氏(電通)、川田氏(AR三兄弟)

《キーノートスピーカーベスト3》

第1位: Erick Johnson (Facebook)
第2位: Clark Kokich (Razorfish)
第3位: Chris Murphy (adidas US)

《公式スピーカーベスト10》

第1位:柳澤大輔氏(カヤック)
第2位:加藤公一レオ氏(売れるネット広告社)
第3位:猪子寿之氏(チームラボ)
第4位:坂井康文氏(サントリー)
第5位:安田英久氏(インプレスビジネスメディア)
第6位:横山隆治氏(デジタルインテリジェンス)
第7位:徳力基彦氏(アジャイルメディア・ネットワーク)
第8位:徳久昭彦氏(プラットフォーム・ワン)
第9位:鈴木知行氏(ロゼッタストーン・ジャパン)
第10位:朴正義氏(バスキュール)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アドテック東京にて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/3236

コメントする

ブログ記事 アーカイブ