2009年米国広告費(メディアセクター)

clip_image001.gif 電通の日本の広告費に関しては、先日のエントリーでも触れた。さてアメリカの状況はどうだったのだろうか。カンターメディアの調査データによると、 テレビ広告が9.5%のダウン、雑誌が17.4%ダウン、新聞が19.7%ダウン、ラジオが20.3%ダウン、アウトドアも13.2%ダウンとなっている。 そんななかでインターネットは(これはディスプレイ広告のカウントで)7.3%伸長しているとしている。 ただ第4四半期だけ見ると、マスメディアはいずれも復調してきている。逆にネットがちょっと減少に転じている。

いずれにしてもマス広告の市場シュリンクは、日本ばかりではないようだ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2009年米国広告費(メディアセクター)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/3153

コメントする

ブログ記事 アーカイブ