「広告2.0」 その2

比較的反響が大きかったソーシャルメディアドットコムのAds2.0「広告2.0」の記事を翻訳してみた。

http://blog.socialmedia.com/ads-20-the-next-evolution-of-online-advertising/

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Ad2.0:オンライン広告の次世代(展開)
March 5th, 2010 by Katie Smillie

ソーシャルメディアが形成したオンライン広告の新時代

Facebookや、twitterそしてその他のソーシャルメディアは生活の重要要素となり、我々は広告を含めすべてのデジタルコンテンツに同じようなソーシャル機能があるとことを期待するようになった。これは広告主にとって大きなチャレンジと共に、オンラインオーディエンスを引きつることのできる新たな機会でもある。透明度、敏感度、実情会話、倫理的な利益獲得などがある。
同時にWeb2.0は既存の会社の消費者に対する対応を変える一方、新しい会社の礎を生みだした。新しい考え方は、優良企業は優良商品とサービスを消費者のまさに欲しいものを提供する広告世代へと導き、口コミという新たな時代をもたらしている。

.ソーシャル広告はAd2.0

広告の次世代であるAd2.0は、統計的機械的なマス宣伝から、ダイナミックでカスタマイズされたパーソナルコンテンツへと移行している。同じようにソーシャル広告は広告主と媒体社、そしてユーザーにとってより便利で関連性の高いパーソナル型広告である。だから我々は、実在の人物からの本当に伝えたいメッセージを古くからあるスポンサーコンテンツに変換させるソーシャル広告制作に熱中しているのである。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここではオンライン広告における次世代とされているが、「広告2.0」としてのパラダイムシフトは、広告マーケティング全般に言えることである。

「買うメディア」「所有するメディア」「(評判を得る)ソーシャルメディア」の3つのメディア発想は、やはりソーシャルメディアの台頭で概念形成されたものだが、今後むしろソーシャルメディアに包含されるかたちでPaid MediaやOwned Mediaが成立していくかも知れない。そうしたマーケティング環境を言い当てているこの「広告2.0」はこの時期タイムリーは投げかけになっている。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「広告2.0」 その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/3147

コメントする

ブログ記事 アーカイブ