JCOM争奪戦、それぞれの「想い」

 KDDIのJCOM株買収に対して、住商がTOBで応戦する様相になった。日本のCATVの最大の事業者となったジュピターテレコムには、いろんな可能性がある。KDDIの買収予定額は、時価総額を1兆円近くまで評価するものだ。
 もちろんこの事業を生んで育てた住友商事からすれば、簡単に譲り渡せるものでもないだろう。この買収劇にはそれぞれの「想い」がある。KDDIからすると、最終的に顧客と結ぶ回線をNTTに頼るしかないことに対する「想い」があるのではないかと思う。
 通信事業者は、メディア事業者つまり放送局になるチャンスがある。先だってのエントリーに書いた野村総研の予測データにも、携帯電話の事業収入は縮小するとある。通話やパケット通信料だけではキャリアは成長できない。
 ただ、KDDIの積極策は際立つ。ワイマックス、3.9G、MediaFLOなど投資対象が次々にあるなかでのJCOMである。TVを含む固定の回線とモバイルの統合サービスは、世界では常識で、ビジネスチャンスは拡大する。NTTと伍していくためにもこうした積極策が必要なのであろう。
 いずれにしても、目が離せない状況である。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: JCOM争奪戦、それぞれの「想い」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/3137

コメントする

ブログ記事 アーカイブ