2010年ネット広告業界予測

 ネット広告の業界は、常に新しい商品が市場に登場して成長してきた。昨年はリスティングの堅調さに加えて、やはりモバイルが牽引した。ディスプレイ広告はむしろ減少したかもしれない。ネット広告市場での2010年のトレンド予測をすると、

1.リスティング広告での予算未消化率が高くなる。それに対応してブランド関連ワードの検索を促すプッシュ広告の見直しが起こる。またリスティングをバックアップするリターゲティング広告が拡大する。
2.ラストクリックだけでの広告のパフォーマンス評価の効率の減退(獲得効率低下)が起こり、ファーストクリックやポストインプレッションなど間接効果に対する見直しが起きる。
3.本格的なソーシャルメディアマーケティングと云える施策が登場する。
4.モバイル広告へのナショナルブランドの出稿が本格化する。
5.第三者配信サーバーをWebサイト内のパフォーマンス評価と連携させ、広告配信の最適化を図る広告主が現れる。

 以上5つを予測する。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2010年ネット広告業界予測

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/3116

コメントする

ブログ記事 アーカイブ