ソリューションサービスの再編

 「広告業」のど真ん中がシュリンクしている。CMをつくり、TVスポットや番組を買い、キャンペーンを展開する王道は、絶対なくなりはしないが、マーケットは小さくなっていく。そのかわり、従来「広告」の中心ではなかったようなソリューションサービスが、広告周辺領域として拡大している。もっともこれは広告側にいる人間の見方で、ITソリューションサービスが本業の人たちから見れば、ビジネスソリューションからマーケティングソリューションへ、はたまたアドソリューション活用に拡大しているということだ。

 日本の場合、総合広告代理店という業態には、ワンストップにサービス提供するところに優位性があった。しかし、広告周辺サービスの拡大で、ワンストップで供給できなくなった。営業のフロントラインが様々なスキル拡大に追いつかなくなった。いくらスタッフを用意しても、顧客とインターフェイスしている営業に知見がないのでは仕事にならない。
 またワンストップでサービス提供するのに価値あるメニュー構造が変わってきたともいえる。広告マーケティングにおけるソリューションサービスの再編が必要なのである。
 
 そこには、従来レイヤーが違うので、別々の人間が別々のサービス体系でやっていた仕事を、バーティカルに統合すると価値の高いソリューションサービスになる可能性が出てきている。例えば、Web領域においても、コンサルテーション、プランニング、オペレーションといったレイヤーの違う仕事は、その人材のスキルや給与体系も異なり、同じ会社が提供しずらいものである。しかし、これらをあえて統合してサービス提供することに新しい価値がありそうだ。別に同じ会社にする必要はない。ワンストップにプロデュースする能力に価値がある。
 特に従来のマスマーケターであるメーカーなどが、ECに参入する場合などにこうしたソリューションサービス体系が必要で、そうした再編は進むだろう。

 いずれにしても今のままの「広告代理業」というのは、ソリューション提供サービスとしてはあまり付加価値の高い仕事ではなくなっていく。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ソリューションサービスの再編

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/3102

コメントする

ブログ記事 アーカイブ