最も偉大なロックの曲

何年か前にローリングストーン誌が発表した最も偉大なロックの曲は下記のランキングだが、ちょっと古い曲すぎる感じがするし、いわゆる「ロック」なのかなという気がする。

1位:"Like a Rolling Stone" (Bob Dylan)
  2位:"(I Can't Get No) Satisfaction (The Rolling Stones)
  3位:"Imagine" (John Lennon)
  4位:"What's Going On" (Marvin Gaye)
  5位:"Respect" (Aretha Franklin)
  6位:"Good Vibrations" (Beach Boys)
  7位:"Johnny B. Goode" (Chuck Berry)
  8位:"Hey Jude" (The Beatles)
  9位:"Smells Like Teen Spirit" (Nirvana)
  10位:"What'd I Say" (Ray Charles)


個人的に偉大だと思う曲を、順位はともかく10曲あげてみる。(これも十分古いが・・・。)

◆ ストロベリーフィールド・フォーエバー(ビートルズ)
◆ サマータイム・ブルーズ(ザ・フー)
◆ ギミー・シェルター(ローリング・ストーンズ)
◆ ウォーク・オン・ザ・ワイルドサイド(ルー・リード)
◆ トレイン・キャプタ・ローリング(ヤードバーズ)
◆ イマジン(ジョン・レノン)
◆ ロックンロール・スーイサイド(デビッド・ボウイ)
◆ 天国への階段(レッド・ツェッペリン)
◆ 21世紀の精神異常者(キング・クリムゾン)
◆ レイラ(デレク&ドミノス)

う~ん。しっかり網羅する10曲選びは難しい。
ロックをどう定義するかだが、黒人がつくったロックンロールではなくて、白人が極めて意識的な作業でつくったトータルアートだと思うので、どうしても英国モノになってしまう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 最も偉大なロックの曲

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/3037

コメントする

ブログ記事 アーカイブ