昔のテレビを語る  その7 「スパイキャッチャー J3」

 60年代や70年代に、SFに描かれた未来には、予測が当たったものもあるが、当然未だ実現できていないものも多い。そのひとつが空を飛ぶ自動車である。子供心にもわくわくしたのが、川津祐介さんが主役をやっていた「スパイキャッチャーJ3」に出てくるエアカーだった。この車はシボレー・コルベット・スティングレイを改造したこので、空中に浮き上がるほか潜水もできる設定だ。
 動画サイトで懐かしいタイトル部分を見てみたが、主題歌が何とも時代を感じさせるもので、この当時一生懸命かっこ良くつくろうとしているのが分かるものの、この橋幸夫さんの主題歌はイケテナイかも。
 これを観て興奮していた自分がかわいい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 昔のテレビを語る  その7 「スパイキャッチャー J3」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/2958

コメントする

ブログ記事 アーカイブ