昔のテレビを語る その6 「アフリカ大牧場」


 あまり報道されないが、ケニアの国内情勢が穏やかでないらしい。オリンピックの陸上などで名選手を輩出するケニアだが、このアフリカの国の首都がナイロビで、モンバサという港町があって・・・ということを知ったのは、私が小学校のころNHKでやっていた「アフリカ大牧場」というアメリカのテレビドラマのお陰だ。

 チャック・コナーズが主役で、原題は「Cowboy in Africa」。猛獣を牧場で飼ったりするのだが、オールアフリカロケで映像がダイナミックだった。
 これとジョン・ウエィンの「ハタリ!」の映像がどうも混同してしまうことがある。あんな大草原のあるアメリカ人でもアフリカの大草原はまた別のあこがれなのか、それともやっぱり人類発祥の地に対する憧憬か、私も子供のころにいつか一度はアフリカのサバンナに立ってみたいと思ったテレビ番組だった。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 昔のテレビを語る その6 「アフリカ大牧場」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/2946

コメントする

ブログ記事 アーカイブ