eMarketer:2008年オンライン広告市場予想

例年通り、eMarketerから今年のオンライン広告市場に関する予想が出ているので紹介。

2008年は北京五輪と大統領選挙が行われる年であり、2007年度から29%成長の約3兆円(275億ドル)と予想されている。しかし、昨年、サブプライム問題でかなり米国経済が冷え込み、広告市場全体としては厳しいのではないかとする向きもあるようだ。しかし、マイクロソフトが10億ドル(約1,100億円)規模の広告予算の大半をオンラインへ投入するといわれており、計測可能なメディア(=オンライン)へのシフトは継続すると見られる。

なかでも一番注目を浴びているのは、米国ユーザの44%が利用するソーシャルメディア。今年は1,700億円(15.6億ドル)規模へ伸長すると推測され、MySpaceやFacebookという2強から分散が進む可能性もあるようだ。

090117.gif

2007年の日本においては、PCではMixi、モバイルではモバゲーの一人勝ちとなったが、今年はどうなるか。目が離せない状況が続くだろう。

http://www.emarketer.com/Article.aspx?id=1005692

http://www.emarketer.com/Article.aspx?id=1005765

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: eMarketer:2008年オンライン広告市場予想

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://g-yokai.com/mt/mt-tb.cgi/2873

» 業界人間ベム(サクヤス.com)~のトラックバック

ネット広告を考えるブログが出来たみたいです。 業界人間ベム http://g-yokai.com/ いわく「いま、生活者、消費者との『距離を... 続きを読む

コメントする

ブログ記事 アーカイブ